私は昔、バリがインドネシアの島だと知りませんでした。でもご縁あって今はインドネシアオタク?バリやインドネシアに関すること諸々


by baliindonesia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タレンタイム~優しい歌

f0145600_19132226.jpg
「タレンタイム~優しい歌」はマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの作品です。東京国際映画祭などでは常連で独特の空気感漂う数本の作品を私も見ていました。2006年に急逝され、残念に思っていましたが、監督の最後の作品が渋谷のシアター・イメージフォーラムで上演されているとのことで、観てみました。

マレーシアは多民族国家なので、登場人物も多民族。彼らの民族それぞれの日常、習慣、悩みなど映画に盛りだくさんなので、それらの背景を知らないと(知っていても)唐突に感じる場面がいくつかありました。きっと語りたいことがたくさんあるだろうということは推察できますが、120分の上映時間は若干長いと感じました。ただ、後半からラストまでの流れは感動的に仕上がっていて余韻のある作品となっていると思います。




[PR]
# by baliindonesia | 2017-04-04 19:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
f0145600_19102714.jpg

シュクリムシュクリのシュークリームが大好き。

シュクリムシュクリはその名の通りシュークリーム専門店。池袋駅の改札横にあり、甘い香りを放っています。

今日は4月限定のストロベリーチーズケーキをいただきました。ほんのりとチーズの酸味とイチゴがマッチして甘さ控えめ、本当に美味!そんなにチーズケーキ、チーズケーキしていないところは好みの分かれるところかも。税込330円なり。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-04-03 19:09 | グルメ | Trackback | Comments(0)
f0145600_22102480.jpg
ブルネイ初の女性監督
Siti Kamaluddin
(シティ・カマルディン)の映画「ドラゴン・ガール(原題:Yasmin(ヤスミン))」を見ました。

高校生のスポコン、友情、恋愛、親子関係が盛りだくさんだけど、ストーリーの展開もテンポよく、映像もきれいで全く飽きさせない予想以上に面白い作品でした。

主人公の女の子2人はブルネイ出身で全く演技経験はなかったそうですが、オーディションで選ばれ、武道のシラットのトレーニングも含め、クランクインまで監督の元で演技の勉強を続けたとのこと。

公共の乗り物がほとんどないため高校生でも車で登校する日常やブルネイの美しい景色、水上住宅、モスク、食文化も映画の中で見ることができます。

主人公を除く多くの出演者がインドネシア人俳優でした。日本で公開される数少ないインドネシア映画のほとんどに主演しているといっても過言ではないReza Rahadian(レザ・ラハディアン)は、主人公の父親役でした。

脚本をだれが書いたのか興味があり調べてみたところ、こちらもインドネシアの脚本家でSalmanAristoro(サルマン・アリストロ)でした。彼は、インドネシアで大ヒットしたAyat-ayatCintaLaskar Pelangi(邦題:虹の少年たち)の脚本家です。

今までアクション映画で伝統武術シラットは取り上げられてきましたが、女子高生が取り組む部活がシラットという点もユニークだと思います。俳優たちはスタントなしで撮影した試合の格闘シーンは手に汗握る迫力でした。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-04-02 22:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

2016年末~2017年新年の休みにビジネスクラスで行けるところ!

ってことで、中国国際航空で北京経由してバンコクへ。

そのお値段、10万円を切っていたということで迷わず購入。ANAのマイルも貯まるし、夜間のフライトで足を伸ばして寝ることができ、シャンパンを飲むことができ、食べることのできる食事が出れば、口コミにあったような多少のフライトの遅れは目をつぶることにしました。

実際のところは、行きの成田-北京CA926は定刻通りにドアは閉まったものの、その後離陸まで待たされ、北京到着は約1時間遅れ。余裕のあるはずのトランジットもバッタバタ。

まず、搭乗機からターミナルまでは、なんとバス移動。空港につけば暖房が暖かいので不要と思いダウンジャケットは預けてしまっていた・・・真冬の北京の外気はマイナス。せめてもの防寒のためにマスクをしてバスに乗ったものの、シートが冷たい。そして、ターミナルまで遠い。まだかまだかと気にしながら、やっとターミナルビルへ。搭乗時刻になってもまだ手荷物検査の列の中。格安チケットとはいえ、一応ビジネスクラスなので遅れても待ってくれるだろうと見こし、手荷物検査後走ってCA979北京発バンコク行きの搭乗口へ。あわててシートに着いたものの全く動く気配なし。こちらも各地からのフライトが遅れているようで、結局1時間ほど遅れて離陸。バンコク着は日付が変わっていました。バンコクの入国審査では、プライオリティラインがあって、行列を並ばずに済みました。これは本当に便利なシステム!


ウェルカムドリンクのシャンパン。炭酸弱めでぬるい。メニューは日本語有り。

f0145600_15261402.jpg

お正月仕様の食事でしょうか。

f0145600_15273607.jpg

シートはゆったり。日本語の映画も数本あり。

f0145600_15353333.jpg

f0145600_15305068.jpg

鶏モモの煮込みと黒豆ソース。まあまあのお味。

f0145600_15323194.jpg

北京-バンコク便の海老ワンタンソバ。スープの味がなく、微妙。食べきれなかった。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-03-26 15:24 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

「三代目りちゃあど」

東京芸術劇場で上演された「三代目りちゃあど」を観た。
野田秀樹の脚本で、演出はシンガポール人。日本やバリの伝統芸能とのコラボもどうなるのか期待して観たのですが、ううむ、正直、あまり楽しめませんでした。
まず、セリフが日本語、英語、インドネシア語、バリ語なので字幕を見ないと分からない。舞台を見ながら、字幕を追うのは集中できないし、日本語とはいえ歌舞伎の台詞回しはもはや外国語のように分からないことも多い。
シェイクスピアの話もよく分からないし、なんだかなぁという感じ。
f0145600_22403677.jpg

[PR]
# by baliindonesia | 2016-12-13 22:39 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
f0145600_23064113.jpg
東京国際映画祭でインドネシアの映画「ラブリー・マン」を観た。
ヒジャブを被った女の子のお父さんが女装の男娼という設定がユニークで、そのギャップが面白い。でも、10年以上の時を経ても、やはり親子の絆は強いのだろう、どんな暮らしをして、どんな出で立ちをしていても父親。徐々に子供に対する言葉遣いが変わってくるところに、その愛情が伝わって来た。
ユニークな設定が親子の愛を際立たせ、感動的な作品だった。

[PR]
# by baliindonesia | 2016-10-29 22:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)
f0145600_22523946.jpg
東京国際映画祭で「タクシードライバー日誌」を観た。
暗い画像。主人公も暗い。正直、あまり気持ちの良い映画ではなかった。でも、観終わると何とも言えない余韻に浸ってしまう不思議な魅力の映画だった。

[PR]
# by baliindonesia | 2016-10-29 22:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)
f0145600_12254938.jpg
東京国際映画祭で、「珈琲哲學-恋と人生の味わい方-(仮題)」を見た。
コーヒー哲学、愛に満ちた素敵な映画。
家族愛、友情と言う名の愛。同僚への愛。仕事への愛。
愛は正に生きる上での哲学なのか。
コーヒー農園の映像の美しさ。
カフェのリアルな雰囲気。
サントラも洒落ていて本当に素晴らしい映画だった。

[PR]
# by baliindonesia | 2016-10-28 12:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年5つきプライオリティパスでロンボク島の空港ラウンジが使えました。
パン、ナシゴレン、お粥、デザートなどちょっとした軽食と飲み物は用意されていましたが、食べ物のお味は全く期待しないほうが良いです。
コーヒーもいついれたのかわからないようなものでした。
ぱっと見は狭いけれど綺麗なラウンジですが、ソファなどかなり年季が入っています。
もし美味しいコーヒーを飲みたいならラウンジではないコーヒーショップに入ることをお薦めします。
強いて言うならトイレが比較的キレイでした。
f0145600_00043983.jpeg
f0145600_00054851.jpeg

[PR]
# by baliindonesia | 2016-08-02 23:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_19515875.jpeg
f0145600_19554491.jpeg
HARRIS Suites fX Sudirmanに泊まりました。
久々のジャカルタ滞在はスディルマン通りに面したホテル。宿泊した部屋は45階でした。バジェットホテルながらまだ新しいので部屋も綺麗で掃除も行き届いていました。
バスタブはなく、シャワーのみ。簡易ウォシュレットがある点はポイント高いです。
ビルの4階まではショッピングモールで、フードコートやスーパーもあるので食事やちょっとした買い物にも便利でした。
土日に泊まったので渋滞の影響はほとんどありませんでしたが、平日は大渋滞を覚悟して泊まらないといけないエリアにあります。
日曜の朝は6時から歩行者天国で、散歩したりジョギングする人、エアロビをする人などなどで賑やかです。屋台も多数でています
ショッピングモールにはAKB48の劇場もあります。
f0145600_19564608.jpeg

[PR]
# by baliindonesia | 2016-07-19 19:49 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_10332409.png
先日バリで飲んだ飲み物Mogu-mogu kelapa ( モグモグクラパ)が気に入りました。
日本でも熱中症予防のドリンクとしてココナッツドリンクが増えてきていますが、インドネシアでは日常的に道端などでココナッツジュースに多少のシロップを加え、プルプルしたココナッツの白い身を入れて、売っています。
本来ココナッツジュース自体に甘みはなく、多くの日本人はそれだけだと物足りなく感じると思います。
このモグモグクラパはその道端で売っている飲み物の味と食感がいい感じに再現されていて、かつ衛生的。コンビニで買ったときの値段は約8000ルピア(約80円)くらいだったように記憶しています。

[PR]
# by baliindonesia | 2016-07-18 10:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_22281377.jpeg
バリのSensatia(センセイシャ)は、手作りソープの他にヘアケア、スキンケア製品等販売していますが、今回はドライヘア用シャンプーを試してみました。
でも、残念ながら私には合わなかったようで、洗いあがりの髪はバリバリで抜け毛も増えてしまい、2回で使用を断念。
ああ、こんなことならボディーシャンプーなどとセットになってる小さいサイズから始めれば良かった。
バリの水のせいかと思っていたけど、使用感は日本でも変わらず。
昔、お台場の日航ホテルのアメニティで使われていたSensatia のシャンプーはコンディショナーを使えば、いい感じにツルっとした手触りになって良かったので期待していたのに残念〜。

[PR]
# by baliindonesia | 2016-07-15 22:29 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_21475575.jpeg
バリの手作りソープで有名なSensatia(センセイシャ)。バリ島東部のお店に行かないと手に入らなかった物が、徐々にお店が増え、今年の初めにはヌサドゥアのバリコレクションにも出店されました。
他のバリの手作りソープを幾つか試しましたが、私はセンセイシャの物が好き。
香りもそんなに強くなくて、使い始めると、これ何の香りだっけ?という時もありますが、洗い流してベタっとしなくて気に入ってます。


[PR]
# by baliindonesia | 2016-07-14 21:40 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_21350281.jpeg
クアラルンプールからバリまではMH715で8:50クアラルンプール発、11:50バリ着。シートの並びは2-2。シートはゆったりして足置きもありますが、約3時間のフライトなので、まるで国内線仕様のようです。
朝食のサービスがあり、オムレツ、ナシレマ、ブルーベリーパンケーキから選べます。ナシレマが美味しいと聞いたことがありますが、ちょっとお米を食べる気分でなく、パンケーキを選択して大失敗(笑)。レンジでチンしてフニャフニャでした。フルーツ、ブルーベリーのヨーグルト、パンは数種類クロワッサン、デニッシュなど選べます。朝シャンできるのは良いと思いました。
バリからクアラルンプールまでは、MH852で19:15バリ発、22:15クアラルンプール着。バリの空港から国際線に乗るのは初めてでしたが、かなり端のゲートまで歩きました。ゲートまで徒歩何分か表示が出ています。ゲートから搭乗機までバスに乗りました。
ディナーが提供されます(写真)が、アルミの入れ物でチンした状態でサーブされました。前菜のオタオタ(魚のすり身)は香辛料の匂いが強く、珍しくあまり食べることができませんでした。メインはチキン、ラム、ビーフから選べます。ピリ辛のトマトソースで煮たチキンを選びました。ご飯付き。まあまあのお味。シャンパンが進みます~(笑)
マレーシアのデザート(名前忘れた)、なかなか美味しかったのですが、ちょっとサイズが大きかったです。
[PR]
# by baliindonesia | 2016-05-12 19:06 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

マレーシア航空でバリへ

2016年ゴールデンウィークにマレーシア航空ビジネスクラスを利用してバリに行ってきました。かなりお手頃な値段だったので仕方ないといえばそれまでですが、ま、こんなもんかな。という印象。シートはもちろんエコノミーより広いしラクチンだけど、ガルーダのビジネスに乗ってしまうと、だいぶ見劣りします。
シートの並びは2-2-2。窓際の席で知らない人と隣り合わせると、席を立つ際に隣の人をまたがないといけません。プライバシーはあまり確保されないシートです。
MH71便21:40成田発、翌4:00クアラルンプール着。8:50クアラルンプール発、11:50バリ着。シートはまあまあ倒れるので比較的眠り易いとはいえ、早朝にクアラルンプールに到着し、トランジットの時間が長いのでちょっときついです。トランジットでは、マレーシア航空のラウンジを使うことができますが、全体的に古い印象で、早朝到着だったからなのか、食べ物の種類も少ない。良い点は広いのでごみごみした感じは少ないと思います。
機内食はこんな感じ。まあまあのお味。前菜のテリーヌやデザートのムースが美味しかった。ウエルカムドリンクはジュース飲み。その後のドリンクサービスでは、シャンパンやビール、ワインも飲むことができます。
ベルトサイン着用時には暖かい飲み物のサービスはありませんが、テタリック(マレーシアのミルクティー)が珍しくて美味しかったです。
機内エンターテイメントで日本映画は2本のみ。ハリウッド映画の他、中国、台湾、韓国、インド、マレー、インドネシア映画が選べます。でも、英語があまり得意ではないので、映画の選択肢はかなり少ない印象でした。
f0145600_913736.jpg
f0145600_9134637.jpg
f0145600_914578.jpg
[PR]
# by baliindonesia | 2016-05-11 09:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)