私は昔、バリがインドネシアの島だと知りませんでした。でもご縁あって今はインドネシアオタク?バリやインドネシアに関すること諸々


by baliindonesia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

f0145600_11560943.jpg
バリ到着後、空港タクシーでホテルへ向かいました。目的地のエリアごとに料金は決まっています。カウンターで料金を払い、高速代は別途11千ルピアかかりますが、渋滞のない高速利用をお勧めします。ヌサドゥアまでの高速道路は、海の上に建っていて景色も綺麗です。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-06-11 14:13 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0145600_12051009.jpg

ロンボクからガルーダインドネシア航空1305発のGA451便でバリへ。こちらは33の並びの普通のジェット機でしたが、体格の良い欧米人の乗客も多く機内では相当窮屈そうでした。このフライトでもパンとスナック菓子と水の軽食が出ました。1時間にも満たないフライトでしたが、個人モニターは完備されており、見たいインドネシア映画がたくさんあって迷っている間にどんどん時間が無くなる。焦る焦る。



[PR]
# by baliindonesia | 2017-06-11 14:10 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

f0145600_22171943.jpg
Bangkit!(立ち上がれ!)」

マレーシア航空の機内で見たインドネシア映画。2016年の作品です。

豪雨に見舞われたジャカルタで奮闘するBASARNAS(インドネシア国家捜索救助庁)の活躍と家族愛を中心としたパニックムービー。普段から豪雨の際には洪水に見舞われ家屋が浸水したり、大きな被害が出ているジャカルタを舞台にしている上に、CGを多用したリアルな映像により、かなり臨場感がありハラハラ、ドキドキ。実際に水に潜って撮影をしていたと思われる主演のVino G.Bastianをはじめとした俳優さんたちの熱演が印象に残りました。2時間2分の大作です。




[PR]
# by baliindonesia | 2017-06-01 22:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヌサドゥアのバリコレクションにあるスーパーで夫と買い物中のこと。外国人カップルが「今、何時ですか?」と尋ねてきました。時間を答えると以下のような会話に。

外国人「私たちはサウジアラビアから来ました。今度日本に行きます。」

私たち「へえ~」

外国人「(サンダルを指さし)これは日本ではいくらぐらいですか?」

私たち「ううむ、1000円ぐらいだから、10ドルくらい」

外国人(100ドル札の束が入った財布を見せながら)「日本円を見せてください」

ここで、私は、これは怪しいと思い「もう時間がないから」とその場を去りました。

私たちに声をかける前にも日本人の男性2人組としゃべっていて、彼らのお友達かと思っていたら、そうじゃなかったみたいで、次なるカモの私たちに近づいて来たようです。

片言の日本語と簡単な英語で話しかけてきます。初対面の人にいきなり財布の中身を見せる人っておかしいし、円を見せて欲しいと言うのも不自然。

色々なパターンで旅行者を騙そうとする人たちがたくさんいますので、お気を付けください。

f0145600_12051009.jpg
(写真は本文とは関係ありませんが、バリの上空から)


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-29 12:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

クアラルンプールから成田までは、MH9118便ですが、これはコードシェア便でJALの運行便になります。JALの機体も新しくなったようなので、試しに乗ってみることにしたのですが、試して大正解でした!

マレーシア航空もビジネスクラスのシートはフルフラットで快適ですが、いやあ、JALのビジネスクラス素晴らしいです。次も是非乗りたいです!!!

f0145600_12334115.jpg
フルフラットは当然ですが、隣の席の人の頭の位置がずれてシートが配置されているうえに開閉可能なパーテーションがあり、プライバシーが確保されています。全席通路アクセスというのも隣の席の人が気にならずトイレに行ったりできます。居住空間もゆったりしているし、エアリーヴを採用しているシートのクッションも今まで体験した中でNo.1でした。
f0145600_12335171.jpg
モニター画面も大きいし、エンターテイメントも邦画、日本語吹き替え物も充実しています。

f0145600_12331735.jpg
2250分発だったので、おつまみ程度の軽食とドリンクサービスがありました。せっかくの快適なフルフラットなので、さっさと食べて、飲んで、眠りたかったのですが、丁寧なサービス故かサーブされるまで時間がかかったような印象。シートの位置にもよるかもしれませんが。

その後は朝5時ごろから朝食。搭乗時に、和食か洋食のリクエストができます。私は、ほかの乗客がカップ麺をすする音で目が覚めました。これが最近話題のヌードルハラスメントか()

f0145600_12332769.jpg
和食を選びました。少しずつ色々な種類のおかずが並んでいて、見た目にもきれい。機内で冷凍を解凍している物が多いようですが、お味はこんなもんでしょ。悪くないです。ただ、白ご飯がカチカチで、半分ぐらい残してしまいました。ネットの記事で、「厳選されたお米を使って、ご飯は機内で炊いている」と読んだのですが、この時は、明らかに水が足りていなかったようです。

今まで何回かエコノミークラスでJALを利用しましたが、丁寧すぎる接客と機内食の美味しくなさから、選択肢が他にあれば他の航空会社を利用してきました。でも、今回のビジネスクラス利用で印象は全く変わり、機会があればJALビジネスクラス利用したいです。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-25 12:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

クアラルンプール国際空港でのトランジットは、約7時間弱。これだけあったら日本に帰れる。ま、今回の旅行は慌ただしかったのでここでのんびりするとします。

成田までの飛行機はサテライトからの出発だったので、まずエアロトレインで移動。以前、成田空港の第2ターミナルにあったような移動のための電車です。

f0145600_21553078.jpg
免税店、レストランなども色々ありますが、特に買う物もないので素通りして上の階にあるマレーシア航空ゴールデンラウンジを目指します。

f0145600_21554271.jpg
こちらは座席数も多く、ゆったりしています。去年は寒くてどうしようもなかった室内のエアコンの温度も程よく快適です。アルコールも含むドリンク類、食べ物もマレー料理、サラダ、サンドイッチ、スープ、麺類など豊富です。

f0145600_21561899.jpg
f0145600_21563149.jpg
私はワンタンヌードルとサーモン、海南チキンライスなど少しずついただきました。バリからの飛行機でシャンパンを飲みすぎたので、ここではアップルジュースと紅茶だけ飲んでました。

f0145600_21560080.jpg
ラウンジ内の座席は比較的ゆったりしていますが、なんせ7時間と長いので体も伸ばしたくなります。そういう時に便利なのは、こちらのリラックスルーム。仮眠をとることのできるベッドが4台あります。有料マッサージの隣の通路の奥にあります。ボーディングパスを提示し、申し出ると仮眠中に指定した時間で起こしてくれるサービスもあります。食器を片づける音や人の話す声などが結構響いて聞こえてくるので、ゆっくり眠ることはできないかもしれませんが、とりあえず体を伸ばすことができる場所があるのは良いですね。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-21 22:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

マレーシア航空
MH714便1255バリ発クアラルンプール経由で帰国。夕方にもマレーシア航空のバリ発のフライトがあったはずですが、安いチケットだったからなのか検索にヒットせず、昼便となってしまいました。

チェックイン後、ラウンジで時間つぶし。



飲み物は比較的充実しているように感じました。軽食も種類はそこそこあるように見えますが、味はわかりません。いつも帰国便の前は食べすぎでお腹いっぱい。ラウンジでビールも喉を通らないほど・・・(笑)

f0145600_22102848.jpg

トイレは2つ。シャワーが一つ。それなりに広さのあるこのラウンジでは数が少ないと思います。格別きれい、という印象もありませんが、清掃は係の人がこまめにやっているようです。



バリの空港は、新しくオープンしながらもあちこち工事が続けられていたようですが、今年はやっと国際線、国内線ターミナルともに完成したような印象でした。しかし、夫曰く完成した途端、劣化が始まる。

40分ほど遅れてボーディングが始まりました。

f0145600_22105925.jpg


機内食は、チキンビリヤニ、シーフードパスタ、もう1種類(確かビーフ)から選べました。あっさり目の物希望だったので、パスタを選択。可もなく不可もなくのお味。マレーシア航空で用意されているパンは2色の物が多いのかも。前もどこかで2色ドッキングされたパンをいただきました。陰陽かな?ふわふわしていて美味しいです。デザートはチーズケーキ。こちらも機内食でよくある感じ。飲み物はまたまた、継ぎ足し継ぎ足しのわんこシャンパン。

f0145600_22104910.jpg




[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-19 12:28 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

f0145600_16232030.jpg

ロンボク国際空港のラウンジ。シェラトンの名前が看板に見えますが、ううむ、期待外れ。プライオリティパスを提示して去年も利用しましたが、去年以上に食べ物のクオリティが落ちている。写真を撮る気も失せるほど見た目もパッとしない物ばかり。軽食として、ナシゴレン、ミゴレン、チキンの煮込みのようなもの、おかゆ、パン類、フルーツ、デザート。飲み物は、いったいいつ淹れたのかわからないように煮えたぎり、煮詰まったコーヒー。コーラ、オレンジジュース(果汁100%ではない)などのソフトドリンク。

安心して飲めるのは水(笑)。

(たまたまかもしれないけど)去年はきれいだったトイレも今年は清掃が行き届いていないし、切れたトイレットペーパーも棚から自分で補充する始末。

出発前の手荷物検査場の横にあるので、ぎりぎりまで座ってスマホの充電ができる、ぐらいしかメリットのないラウンジでした。ないよりましか・・・


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-18 12:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

f0145600_12185203.jpg

今回の滞在は、ヌサドゥアのアヨディアリゾートバリ。古いホテルですが、最近できたミニマムな作りのホテルにはない贅沢な作りになっていて、エントランスの噴水、広々としたロビーは圧巻です。ホテルの中庭に大きな池があり、素晴らしい眺めです。去年、散歩で立ち寄り、あまりの素晴らしさに今年は止まってみることにしました。
f0145600_11554511.jpg
まず案内された部屋は、室内にたばこの残り香のようなけむ臭さがあり、フロントに連絡し部屋を変えてもらいました。幸い、別の部屋が用意できるとのことで案内された部屋は初めに案内された部屋よりは広く若干ゴージャスなインテリアに見えました。対応も早く好感が持てました。しかしながら、安い料金設定で予約をしたからか、どちらの部屋も池の見える中庭には面しておらず、駐車場や工事中の隣のホテルがバルコニーから見える残念な眺望の部屋でした。(笑)

シャワーが固定式で高い位置にあるので、痛いほどの水圧でも調整がしにくかったり、手動ウォシュレットが付いてないなど使い勝手の悪さもありました。無料で部屋においてあるミネラルウォーターが小さい瓶2本だけで追加は料金がかかるとか、プールでタオルを借りるときはタオルカードを提示しないといけない。失くすと罰金、など他のホテルにはなかったので、シビアなホテルという印象を受けました。

朝食のレストランは多人数対応で、種類も豊富。オムレツなどを作ってくれるコーナーが3つもあるのは便利でよいと思いました。ただ、従業員の方たちがバリのホテルにしては笑顔が少ないのが残念でした。


f0145600_11555875.jpg

宿泊棟も吹き抜けになっていて、それぞれ南国らしい植物や像が配置されていて素敵でした。2
度目の宿泊はないと思いますが、ゴージャスな雰囲気と景色を味わいに立ち寄ることはあるかもしれません。
f0145600_11562037.jpg


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-16 18:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

f0145600_12502108.jpg

f0145600_12495767.jpg
f0145600_12500945.jpg
f0145600_12503806.jpg
 今年は去年に引き続きスンギギのシェラトン・スンギ ギ・ビーチリゾートに泊まりました。南国らしいヤシの木など緑に囲まれ、ビーチに面したリゾートホテルです。ちょこちょこ手直しはしているようですが、築年数は20年くらいのようで、あちこちに古さはいなめません。でも、私は好きな雰囲気のホテルです。

 予約は、SPGのサイトから予約したので、客室でのWiFiも無料で使えます。

 朝食はホテルのレストランでビュッフェスタイル。種類はまあまあの数はあると思うのですが、味付けがローカル対象っぽいかな。インドネシア料理コーナーもあります。珍しいところでは、自分で野菜をジューサーにかけてスムージーを作ったり、綿菓子、ソフトクリームがありました。

 徒歩圏内にレストランやカフェが多いのも魅力の一つで、最近はコンビニも増えました。5月はまだ観光客もそんなに多くないので、どこもゆったりのんびりしています。

ちょっと困ったのは、現在インドネシアのコンビニではビールを買えません。ホテルの近くのコンビニでは、ビンタンのノンアルコールビールしかなくて、食事の時以外はホテルで高い缶ビール(36500ルピア)を飲む羽目になりました。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-15 12:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリからロンボクまでは、ガルーダインドネシア航空GA436便15501640着。この日は、朝KLを出発し、昼過ぎにバリ着。国際線ターミナルから国内線ターミナルをとことこ移動しましたが、去年はまだ工事中だった連絡通路が完成しており、スロープ、エレベーターも使えるようになっていました。

チェックインを済ませ時間があったので、アヤムゴレン(インドネシアのフライドチキン)と今年初のビンタンビール。

f0145600_15532320.jpg

この日はプロペラ機でしたが、比較的きれいな機体で快適でした。

f0145600_15580557.jpg

30分ぐらいしか飛ばないのにガルーダ機では機内食が必ずでます。この日は、小さいソーセージパンとナッツの入ったスナック菓子、水でした。

ロンボクの空港からホテルまでは車で約1時間半。去年は、ホテルの送迎を頼み片道38万ルピア。今年は、ロンボクの空港の雰囲気にも慣れたので、ためしに空港カウンターで車を頼みましたが、係のお姉さんの勢いに押され(笑)30万ルピア。(一応定額制)

ホテルに頼むより若干安くなりました。メータータクシーを使うと20万ルピア台だと思います。
この日は早朝にKLのホテルを出発し、ロンボクのホテルに着いた頃には既に日が暮れており、とにかく移動に疲れました。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-14 15:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

成田からMH89便でクアラルンプール経由。1泊して、翌朝、9時発のMH715便でバリへ。

出国審査も優先レーン利用。でも、この日も優先レーン利用カードを持っていない人も並んでいました。

朝食は、マレーシア航空ラウンジで。

f0145600_12564189.jpg
ヌードルバーがあるということで有名ですが、3種類のみでラクサ、ワンタンメン(野菜、又はチキン)から選べます。その他、マレー料理のナシレマ、サンドイッチ、フルーツなどがありますが、サテライトにあるゴールデンラウンジよりはメニューが少な目でした。
f0145600_12570948.jpg

利用しませんでしたが、ラウンジ内のトイレの横にはシャワーもありました。清掃もきちんとなされ、きれいでした。

f0145600_12565560.jpg

バリまでの飛行機は2-2の並びで、リクライニングのみのシートです。

機内食は、オムレツ、ブルーベリーパンケーキ、ココナッツミルクを入れて炊いたご飯のナシレマ。以前、パンケーキを食べて超がっかりだったので、今回はナシレマに挑戦。でも、見た目がメニューに出ていた写真と全く別物。味は、濃いめのサンバル味で小さいエビと小魚があえてありました。

f0145600_12572088.jpg

そして、朝からシャンパン!ビジネスクラスの座席はほぼ満席でしたが、私たちの他にアルコールを飲んでいる人たちはいらっしゃらず、わんこシャンパン(空ければつがれる)状態。結構、飲んじゃいました。

バリの空港はビジネスクラス乗客の優先レーンはありませんでしたが、他の飛行機の乗客はいなかったので、早めに入国審査ができました。

現在、インドネシア入国の際、指紋も取られないし、記入するカードもないので、安心していたら搭乗券の提示を求められ、あたふたしてしまいました。審査官は、横柄な態度だし、国の玄関でこの感じの悪さはインドネシアの印象が悪くなるので改善するべきだと思います。(と、こんなところでぼやいていても何も変わらないでしょうが・・・)


[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-13 12:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)


f0145600_19323244.jpg

2017GWにロンボク、バリに行ってきました。


今回成田⇔バリで利用したのは、マレーシア航空ビジネスクラス。MH89便で成田からクアラルンプールへ。クアラルンプールで1泊して、翌朝、9時発125分着のMH715でバリへ。


今回は、新しい機体でのビジネスクラスで期待度高し。


マレーシア航空はウエルカムドリンクでアルコールは出ませんが、JALのラウンジで朝からスパークリングワインいただいてますので、アップルジュースにしました。その他、オレンジ、ピンクグアバから選べます。


機内食。メインの前にアルコールを含むドリンクと一緒にサテ(マレー風串焼き)が提供されます。チキンとラムの2種類ありましたが、これは結構甘めのピーナッツソースがかかっていて少々重いので、私はメインのことを考え、チキン1本だけ。

f0145600_19363110.jpg

前菜は、和風、洋風から選べました。和風希望でしたが、残り一つとのことで夫に譲り、私は洋風。なかなか美味しかったです。

f0145600_19382882.jpg

f0145600_19381789.jpg

メインは事前にマレーシア航空のホームページで好きなものをオーダーできます。chef-on-callで、ビーフを選びました。当日の機内では、魚、チキン、ラムから選べたようです。

f0145600_19375232.jpg

サテにはビール、ビーフには赤ワインかな・・・と思いながら、シャンパンがあるとなると泡を選んでしまいます。CAさんが、ガンガンお代わりをついでくれます。

f0145600_19373791.jpg

デザートは、ハーゲンダッツのバニラアイス。

f0145600_19361715.jpg

機内エンターテイメントは、ハリウッド物、アジア物など、そこそこ数はそろっています。邦画は2本、ちなみにインドネシア映画も2本。

日中のフライトだったので、ガッツリ寝るということはありませんでしたが、せっかくのフルフラットシート、試さない手はありません。本当に快適。どんどん贅沢になって、もう止められません。


ビジネスクラスには日本人のCAさんが一人つきますが、常に笑顔を絶やさず、とても感じの良い方で、ビジネスクラスに乗ったという満足感を得ることができました。


着陸前に機内で流れる日本語の空港案内が秀逸。ターミナルの移動の仕方、KLIAから町中への電車での移動など、大変分かりやすかったです。


入国審査には、優先ラインのサービスがありますが、どこに並べばいいのか分かりにくく、優先カードを持っていない人も並んでいたのが残念でした。確か、去年はこのサービスはなかったので、定着するまでもう少し時間がかかるかもしれません。

f0145600_19380521.jpg

このカードをもらったら、オレンジ色の看板を探し、(薄汚れた)赤いカーペットの敷かれている列に並ぶべし!





[PR]
# by baliindonesia | 2017-05-12 19:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

タレンタイム~優しい歌

f0145600_19132226.jpg
「タレンタイム~優しい歌」はマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの作品です。東京国際映画祭などでは常連で独特の空気感漂う数本の作品を私も見ていました。2006年に急逝され、残念に思っていましたが、監督の最後の作品が渋谷のシアター・イメージフォーラムで上演されているとのことで、観てみました。

マレーシアは多民族国家なので、登場人物も多民族。彼らの民族それぞれの日常、習慣、悩みなど映画に盛りだくさんなので、それらの背景を知らないと(知っていても)唐突に感じる場面がいくつかありました。きっと語りたいことがたくさんあるだろうということは推察できますが、120分の上映時間は若干長いと感じました。ただ、後半からラストまでの流れは感動的に仕上がっていて余韻のある作品となっていると思います。




[PR]
# by baliindonesia | 2017-04-04 19:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
f0145600_19102714.jpg

シュクリムシュクリのシュークリームが大好き。

シュクリムシュクリはその名の通りシュークリーム専門店。池袋駅の改札横にあり、甘い香りを放っています。

今日は4月限定のストロベリーチーズケーキをいただきました。ほんのりとチーズの酸味とイチゴがマッチして甘さ控えめ、本当に美味!そんなにチーズケーキ、チーズケーキしていないところは好みの分かれるところかも。税込330円なり。


[PR]
# by baliindonesia | 2017-04-03 19:09 | グルメ | Trackback | Comments(0)