人気ブログランキング |

私は昔、バリがインドネシアの島だと知りませんでした。でもご縁あって今はインドネシアオタク?バリやインドネシアに関すること諸々


by baliindonesia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
インドネシアの作家 読書セミナー&講演会_f0145600_22151761.jpg

202018日、久しぶりにインドネシアの音楽に関するイベントに出かけた。

インドネシアの人気作家、Dee Lestariを迎えた読書セミナーと講演会&ミニライブ。

彼女の短編集の日本語翻訳版が出版された記念のイベントだ。でも、映画は見たけど原作はおろか翻訳本さえ読んでいないので読書セミナーに出席するのはおこがましいかと思っていたが、友達に誘われ端でおとなしくしていることにして参加してみた。

参加者は上智大学のインドネシア語を選択している学生さん、インドネシアの留学生、その他インドネシア関係の方々。結局、セミナーでは本を読むわけではなく、Deeが自己紹介をしたり、参加者からの質問に答えたりの緩い感じのイベントだったが、Deeの話すインドネシア語がとても分かりやすく聞き取りやすく、ものすごく心地よい気分で話を聞くことができた。

Deeの妹でMoccaのボーカルArinaやその夫の加藤ひろあきさんも参加し、和気あいあいの会となった。

その後、会場を移し、講演会とミニライブが行われた。

講演会では、著書「珈琲の哲学」にまつわる話、映画の話などが語られたがこちらも本当に分かりやすく楽しかった。ミニライブでは、生歌に大感動!Deeがメンバーだった女の子3人組のグループRida SitaDewiは、自分が留学中に大人気だったが当時は特に好きというわけでもなく、よくテレビやラジオで流れていたので自然に覚えていた。でも、今回、生で歌のうまさに大感激した。妹のArinaとのデュエットも良かったが、ソロの歌声は圧巻だった。その醸し出すオーラもあいまって本当に素敵だった。

なかなかインドネシアの芸能人が登場するイベントは日本で見ることはできないが、今回は歌だけでなく作品や執筆に関する話なども聞くことができて本当に有意義なイベントだった。



# by baliindonesia | 2020-01-09 22:17 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
ビジネスクラスということで予約していたようですが、幸運にもファーストクラスのシートを利用させていただけました。
どうせなら仁川→成田の短い区間ではなく欧米路線で長距離をゆったり味わいたかった。。。
アシアナ航空A380ファーストクラスシート搭乗_f0145600_23004168.jpeg
ゆったりシート。プライベート感ももちろんあります。
アシアナ航空A380ファーストクラスシート搭乗_f0145600_23002246.jpeg
画面も大きく、映画も楽しめます。日本語の映画が少ないのが残念。
アシアナ航空A380ファーストクラスシート搭乗_f0145600_23005039.jpeg
朝シャン。でも、おつまみはカニのお粥。
アシアナ航空A380ファーストクラスシート搭乗_f0145600_23004531.jpeg
トイレも無駄に広く、シートの下に便座が隠れてます。

# by baliindonesia | 2019-02-28 23:09 | Trackback | Comments(0)
インドネシア映画 悪魔の奴隷(Pengabdi Setan)_f0145600_14324774.jpg
2018年2月末、渋谷のヒューマントラストシネマで「未体験ゾーンの映画たち映画祭」が行われインドネシアで昨年大ヒットしたホラー映画を見てきました。
「悪魔の奴隷(Pengabdi Setan)」
怖がりの私はホラー映画は普段は全く見ませんが、インドネシア映画となれば話は別。怖さの感性がインドネシア人と少し違うのかな、という感想。メイクなども大げさすぎて恐怖感よりおかしさを感じてしまったり、効果音で恐怖心をあおっていることに気づいてしまうと、次くるくる・・・と予測できてしまうので、思ったほど怖さは感じませんでした。


# by baliindonesia | 2018-03-27 14:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ベトナムのダナンに大韓航空プレステージクラス(ビジネスクラス)で行ってきました。まず、成田→仁川KE705便。フライト時間が短いからか、ウェルカムドリンクはシャンパンなし。ソフトドリンク飲みでしたが、赤ワインをお願いしている人もいらっしゃいました。

食事は、3種類から選べましたがビビンバを選びました。野菜いっぱい、コチュジャンと混ぜ混ぜして美味しかったです。何より美味しかったのは、干し鱈のスープ。二日酔いに効くというこのスープをまさか機内で食べることができるとは!嬉しい。ただ、アルコールはビール、梅酒、赤ワインしか選択肢がありませんでした。白ワイン好きとしては残念。

大韓航空でベトナムのダナンへ_f0145600_21472809.jpg

座席シートの写真を撮り忘れましたが、エアバスA330-300180度フルフラットで快適です。

大韓航空でベトナムのダナンへ_f0145600_21483005.jpg

機内エンターテイメントは、日本映画なし。最近の両国間の関係がこんなところにも影響しているようですね。でも、日本語吹替え版のハリウッド映画などありました。

仁川からダナンまではKE463便。仁川でのトランジットは、約2時間強。免税店などぶらぶら覗き、ラウンジでお茶を飲んだり、そんなに長くは感じませんでした。

使用された航空機はこの便もエアバスA330-300

こちらのフライトではウェルカムドリンクでシャンパンが出され、その後もひたすらシャンパンを飲み続けました(笑)。この便では、成田-仁川より飲み物の選択肢も増え白ワインもありました。ユニークなのはチョウヤの梅酒があった事。韓国人は梅酒が好きなのかも・・・。

食事は、肉、魚から選べましたが、魚をチョイス。

大韓航空でベトナムのダナンへ_f0145600_21474871.jpg
大韓航空でベトナムのダナンへ_f0145600_21480458.jpg
大韓航空でベトナムのダナンへ_f0145600_21481743.jpg

前菜などはそれぞれお皿にのせてサーブされますが、メインはオーブンでチンする、そのままのお皿でした。仁川―ダナン間が長時間フライトに入るのか分かりませんが、最近の長時間フライトでサーブされるメインの料理は、それぞれお皿にのせかえてサーブされる場合が多いので、それらと比べるとちょっとさびしい感は否めません。お味も普通。

デザートはフルーツかハーゲンダッツアイスクリーム。


# by baliindonesia | 2017-08-26 21:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

The Vira Bali Hotel(ザ・ヴィラバリホテル)は、2013年に宿泊したホテル。現在はリノベーションが進み、私が泊まった時よりおしゃれなブティックホテルになっているようです。

夜到着後、1泊して早朝空港へ向かう予定だったので、空港から比較的近く、直前の予約で通常100ドルくらいするところを6千円弱で泊まれたので何の期待もなく取ったホテルでした。期待値が低いからかもしれませんが、なかなか良いホテルでした。

まず空港への送迎をメールで問い合わせたところ、すぐにレスがきて無料で行っているという送迎サービスを予約しました。インドネシアのホテルでは今までにないくらい早いレスだったので、それだけでポイントが高くなりましたが、今どきは普通のサービスなのかも・・。確かお迎えに来たのは日本語は話せないスタッフでしたが、全く問題ありませんでした。全体的にスタッフの対応が良かった。

そんなに大きなホテルではありませんが、中庭にプールもありリゾート感も何となく味わえます。部屋は古いですがリノベーションをしており、特にベッドルームは可もなく不可もなく。固定式のシャワーや古いバスタブなど、水回りの古さは否めませんが、バリ感を出そうと努力しているように見えました。

朝食のレストランもメニューは大きなホテルほどはありませんが、目の前で卵料理を作ってくれるなど一通りのサービスはありました。

目の前にはショッピングモール、周りは両替屋、お土産物屋やレストランが立ち並び、一通りの物は揃って便利。レギャンやクタのように人も多くないので快適でした。


# by baliindonesia | 2017-06-29 16:14 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ空港タクシーでヌサドゥアへ_f0145600_11560943.jpg
バリ到着後、空港タクシーでホテルへ向かいました。目的地のエリアごとに料金は決まっています。カウンターで料金を払い、高速代は別途11千ルピアかかりますが、渋滞のない高速利用をお勧めします。ヌサドゥアまでの高速道路は、海の上に建っていて景色も綺麗です。


# by baliindonesia | 2017-06-11 14:13 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ロンボクからバリへ ガルーダインドネシア航空_f0145600_12051009.jpg

ロンボクからガルーダインドネシア航空1305発のGA451便でバリへ。こちらは33の並びの普通のジェット機でしたが、体格の良い欧米人の乗客も多く機内では相当窮屈そうでした。このフライトでもパンとスナック菓子と水の軽食が出ました。1時間にも満たないフライトでしたが、個人モニターは完備されており、見たいインドネシア映画がたくさんあって迷っている間にどんどん時間が無くなる。焦る焦る。



# by baliindonesia | 2017-06-11 14:10 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

インドネシア映画 「Bangkit!(立ち上がれ!)」_f0145600_22171943.jpg
Bangkit!(立ち上がれ!)」

マレーシア航空の機内で見たインドネシア映画。2016年の作品です。

豪雨に見舞われたジャカルタで奮闘するBASARNAS(インドネシア国家捜索救助庁)の活躍と家族愛を中心としたパニックムービー。普段から豪雨の際には洪水に見舞われ家屋が浸水したり、大きな被害が出ているジャカルタを舞台にしている上に、CGを多用したリアルな映像により、かなり臨場感がありハラハラ、ドキドキ。実際に水に潜って撮影をしていたと思われる主演のVino G.Bastianをはじめとした俳優さんたちの熱演が印象に残りました。2時間2分の大作です。




# by baliindonesia | 2017-06-01 22:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヌサドゥアのバリコレクションにあるスーパーで夫と買い物中のこと。外国人カップルが「今、何時ですか?」と尋ねてきました。時間を答えると以下のような会話に。

外国人「私たちはサウジアラビアから来ました。今度日本に行きます。」

私たち「へえ~」

外国人「(サンダルを指さし)これは日本ではいくらぐらいですか?」

私たち「ううむ、1000円ぐらいだから、10ドルくらい」

外国人(100ドル札の束が入った財布を見せながら)「日本円を見せてください」

ここで、私は、これは怪しいと思い「もう時間がないから」とその場を去りました。

私たちに声をかける前にも日本人の男性2人組としゃべっていて、彼らのお友達かと思っていたら、そうじゃなかったみたいで、次なるカモの私たちに近づいて来たようです。

片言の日本語と簡単な英語で話しかけてきます。初対面の人にいきなり財布の中身を見せる人っておかしいし、円を見せて欲しいと言うのも不自然。

色々なパターンで旅行者を騙そうとする人たちがたくさんいますので、お気を付けください。

バリには神様だけじゃなく、怪しい人たちもいる_f0145600_12051009.jpg
(写真は本文とは関係ありませんが、バリの上空から)


# by baliindonesia | 2017-05-29 12:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

クアラルンプールから成田までは、MH9118便ですが、これはコードシェア便でJALの運行便になります。JALの機体も新しくなったようなので、試しに乗ってみることにしたのですが、試して大正解でした!

マレーシア航空もビジネスクラスのシートはフルフラットで快適ですが、いやあ、JALのビジネスクラス素晴らしいです。次も是非乗りたいです!!!

JALビジネスクラスでKLから成田へ_f0145600_12334115.jpg
フルフラットは当然ですが、隣の席の人の頭の位置がずれてシートが配置されているうえに開閉可能なパーテーションがあり、プライバシーが確保されています。全席通路アクセスというのも隣の席の人が気にならずトイレに行ったりできます。居住空間もゆったりしているし、エアリーヴを採用しているシートのクッションも今まで体験した中でNo.1でした。
JALビジネスクラスでKLから成田へ_f0145600_12335171.jpg
モニター画面も大きいし、エンターテイメントも邦画、日本語吹き替え物も充実しています。

JALビジネスクラスでKLから成田へ_f0145600_12331735.jpg
2250分発だったので、おつまみ程度の軽食とドリンクサービスがありました。せっかくの快適なフルフラットなので、さっさと食べて、飲んで、眠りたかったのですが、丁寧なサービス故かサーブされるまで時間がかかったような印象。シートの位置にもよるかもしれませんが。

その後は朝5時ごろから朝食。搭乗時に、和食か洋食のリクエストができます。私は、ほかの乗客がカップ麺をすする音で目が覚めました。これが最近話題のヌードルハラスメントか()

JALビジネスクラスでKLから成田へ_f0145600_12332769.jpg
和食を選びました。少しずつ色々な種類のおかずが並んでいて、見た目にもきれい。機内で冷凍を解凍している物が多いようですが、お味はこんなもんでしょ。悪くないです。ただ、白ご飯がカチカチで、半分ぐらい残してしまいました。ネットの記事で、「厳選されたお米を使って、ご飯は機内で炊いている」と読んだのですが、この時は、明らかに水が足りていなかったようです。

今まで何回かエコノミークラスでJALを利用しましたが、丁寧すぎる接客と機内食の美味しくなさから、選択肢が他にあれば他の航空会社を利用してきました。でも、今回のビジネスクラス利用で印象は全く変わり、機会があればJALビジネスクラス利用したいです。


# by baliindonesia | 2017-05-25 12:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

クアラルンプール国際空港でのトランジットは、約7時間弱。これだけあったら日本に帰れる。ま、今回の旅行は慌ただしかったのでここでのんびりするとします。

成田までの飛行機はサテライトからの出発だったので、まずエアロトレインで移動。以前、成田空港の第2ターミナルにあったような移動のための電車です。

クアラルンプール国際空港でトランジット_f0145600_21553078.jpg
免税店、レストランなども色々ありますが、特に買う物もないので素通りして上の階にあるマレーシア航空ゴールデンラウンジを目指します。

クアラルンプール国際空港でトランジット_f0145600_21554271.jpg
こちらは座席数も多く、ゆったりしています。去年は寒くてどうしようもなかった室内のエアコンの温度も程よく快適です。アルコールも含むドリンク類、食べ物もマレー料理、サラダ、サンドイッチ、スープ、麺類など豊富です。

クアラルンプール国際空港でトランジット_f0145600_21561899.jpg
クアラルンプール国際空港でトランジット_f0145600_21563149.jpg
私はワンタンヌードルとサーモン、海南チキンライスなど少しずついただきました。バリからの飛行機でシャンパンを飲みすぎたので、ここではアップルジュースと紅茶だけ飲んでました。

クアラルンプール国際空港でトランジット_f0145600_21560080.jpg
ラウンジ内の座席は比較的ゆったりしていますが、なんせ7時間と長いので体も伸ばしたくなります。そういう時に便利なのは、こちらのリラックスルーム。仮眠をとることのできるベッドが4台あります。有料マッサージの隣の通路の奥にあります。ボーディングパスを提示し、申し出ると仮眠中に指定した時間で起こしてくれるサービスもあります。食器を片づける音や人の話す声などが結構響いて聞こえてくるので、ゆっくり眠ることはできないかもしれませんが、とりあえず体を伸ばすことができる場所があるのは良いですね。


# by baliindonesia | 2017-05-21 22:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

マレーシア航空
MH714便1255バリ発クアラルンプール経由で帰国。夕方にもマレーシア航空のバリ発のフライトがあったはずですが、安いチケットだったからなのか検索にヒットせず、昼便となってしまいました。

チェックイン後、ラウンジで時間つぶし。



飲み物は比較的充実しているように感じました。軽食も種類はそこそこあるように見えますが、味はわかりません。いつも帰国便の前は食べすぎでお腹いっぱい。ラウンジでビールも喉を通らないほど・・・(笑)

バリからKL マレーシア航空ビジネスクラス_f0145600_22102848.jpg

トイレは2つ。シャワーが一つ。それなりに広さのあるこのラウンジでは数が少ないと思います。格別きれい、という印象もありませんが、清掃は係の人がこまめにやっているようです。



バリの空港は、新しくオープンしながらもあちこち工事が続けられていたようですが、今年はやっと国際線、国内線ターミナルともに完成したような印象でした。しかし、夫曰く完成した途端、劣化が始まる。

40分ほど遅れてボーディングが始まりました。

バリからKL マレーシア航空ビジネスクラス_f0145600_22105925.jpg


機内食は、チキンビリヤニ、シーフードパスタ、もう1種類(確かビーフ)から選べました。あっさり目の物希望だったので、パスタを選択。可もなく不可もなくのお味。マレーシア航空で用意されているパンは2色の物が多いのかも。前もどこかで2色ドッキングされたパンをいただきました。陰陽かな?ふわふわしていて美味しいです。デザートはチーズケーキ。こちらも機内食でよくある感じ。飲み物はまたまた、継ぎ足し継ぎ足しのわんこシャンパン。

バリからKL マレーシア航空ビジネスクラス_f0145600_22104910.jpg




# by baliindonesia | 2017-05-19 12:28 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

インドネシアのロンボク国際空港ラウンジ_f0145600_16232030.jpg

ロンボク国際空港のラウンジ。シェラトンの名前が看板に見えますが、ううむ、期待外れ。プライオリティパスを提示して去年も利用しましたが、去年以上に食べ物のクオリティが落ちている。写真を撮る気も失せるほど見た目もパッとしない物ばかり。軽食として、ナシゴレン、ミゴレン、チキンの煮込みのようなもの、おかゆ、パン類、フルーツ、デザート。飲み物は、いったいいつ淹れたのかわからないように煮えたぎり、煮詰まったコーヒー。コーラ、オレンジジュース(果汁100%ではない)などのソフトドリンク。

安心して飲めるのは水(笑)。

(たまたまかもしれないけど)去年はきれいだったトイレも今年は清掃が行き届いていないし、切れたトイレットペーパーも棚から自分で補充する始末。

出発前の手荷物検査場の横にあるので、ぎりぎりまで座ってスマホの充電ができる、ぐらいしかメリットのないラウンジでした。ないよりましか・・・


# by baliindonesia | 2017-05-18 12:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリのホテル アヨディアリゾートバリ_f0145600_12185203.jpg

今回の滞在は、ヌサドゥアのアヨディアリゾートバリ。古いホテルですが、最近できたミニマムな作りのホテルにはない贅沢な作りになっていて、エントランスの噴水、広々としたロビーは圧巻です。ホテルの中庭に大きな池があり、素晴らしい眺めです。去年、散歩で立ち寄り、あまりの素晴らしさに今年は止まってみることにしました。
バリのホテル アヨディアリゾートバリ_f0145600_11554511.jpg
まず案内された部屋は、室内にたばこの残り香のようなけむ臭さがあり、フロントに連絡し部屋を変えてもらいました。幸い、別の部屋が用意できるとのことで案内された部屋は初めに案内された部屋よりは広く若干ゴージャスなインテリアに見えました。対応も早く好感が持てました。しかしながら、安い料金設定で予約をしたからか、どちらの部屋も池の見える中庭には面しておらず、駐車場や工事中の隣のホテルがバルコニーから見える残念な眺望の部屋でした。(笑)

シャワーが固定式で高い位置にあるので、痛いほどの水圧でも調整がしにくかったり、手動ウォシュレットが付いてないなど使い勝手の悪さもありました。無料で部屋においてあるミネラルウォーターが小さい瓶2本だけで追加は料金がかかるとか、プールでタオルを借りるときはタオルカードを提示しないといけない。失くすと罰金、など他のホテルにはなかったので、シビアなホテルという印象を受けました。

朝食のレストランは多人数対応で、種類も豊富。オムレツなどを作ってくれるコーナーが3つもあるのは便利でよいと思いました。ただ、従業員の方たちがバリのホテルにしては笑顔が少ないのが残念でした。


バリのホテル アヨディアリゾートバリ_f0145600_11555875.jpg

宿泊棟も吹き抜けになっていて、それぞれ南国らしい植物や像が配置されていて素敵でした。2
度目の宿泊はないと思いますが、ゴージャスな雰囲気と景色を味わいに立ち寄ることはあるかもしれません。
バリのホテル アヨディアリゾートバリ_f0145600_11562037.jpg


# by baliindonesia | 2017-05-16 18:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ロンボク島 シェラトン・スンギギ・ビーチリゾート_f0145600_13434321.jpg
ロンボク島 シェラトン・スンギギ・ビーチリゾート_f0145600_13444990.jpg
ロンボク島 シェラトン・スンギギ・ビーチリゾート_f0145600_13440246.jpg
ロンボク島 シェラトン・スンギギ・ビーチリゾート_f0145600_13441855.jpg



 今年は去年に引き続きスンギギのシェラトン・スンギ ギ・ビーチリゾートに泊まりました。南国らしいヤシの木など緑に囲まれ、ビーチに面したリゾートホテルです。ちょこちょこ手直しはしているようですが、築年数は20年くらいのようで、あちこちに古さはいなめません。でも、私は好きな雰囲気のホテルです。

 予約は、SPGのサイトから予約したので、客室でのWiFiも無料で使えます。

 朝食はホテルのレストランでビュッフェスタイル。種類はまあまあの数はあると思うのですが、味付けがローカル対象っぽいかな。インドネシア料理コーナーもあります。珍しいところでは、自分で野菜をジューサーにかけてスムージーを作ったり、綿菓子、ソフトクリームがありました。

 徒歩圏内にレストランやカフェが多いのも魅力の一つで、最近はコンビニも増えました。5月はまだ観光客もそんなに多くないので、どこもゆったりのんびりしています。

ちょっと困ったのは、現在インドネシアのコンビニではビールを買えません。ホテルの近くのコンビニでは、ビンタンのノンアルコールビールしかなくて、食事の時以外はホテルで高い缶ビール(36500ルピア)を飲む羽目になりました。


# by baliindonesia | 2017-05-15 12:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)